長期投資とは|さわかみファンド・資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社

分別管理|用語集|長期投資とは|さわかみファンド・資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社

分別管理

受託会社(信託銀行)では、委託会社(運用会社)からの運用の指図に従って、株式や債券などの売買や管理・保管を行い、また、当該財産は信託銀行自身の財産とは区別して管理・保管されています。このしくみを、分別管理といいます。

預貯金のように、元本が保証されているわけではありませんが、この分別管理により、投資信託の運営に携わる販売会社、委託会社(運用会社)、あるいは受託会社(信託銀行)が破たんしたとしても、信託財産は保全されていることになります。

投資信託の運営に携わる金融機関の破たんがあった場合は、他の金融機関がその役割を引き継ぐか、あるいは信託財産を現金化し受益者に返還(繰上償還) することになります。

繰り返しになりますが、このように制度的に保全されていても、元本が保証されている金融商品ではありませんので、ご注意ください。

口座開設・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください

ご縁の窓口 03-5226-7980 営業時間  平日 8:45~17:30  定休日 土・日・祝日

ご縁の窓口

分別管理に関連した用語

このページの先頭へ戻る