さわかみ投信とは|資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社
投資信託 TOP > 長期投資とは > 企業訪問ツアー > TOTO株式会社 UD研究所 様

【企業訪問ツアーレポート】TOTO株式会社 UD研究所 様

1.概要

日時 : 2010年3月19日(金) 13:30-16:30
訪問先 : TOTO株式会社 ユニバーサルデザイン(UD)研究所

※ TOTO UD研究所 詳細ホームページ
http://www.toto.co.jp/ud/laboratory/index.htm

※ 当ツアーは、個別銘柄を推奨とする目的ではありません。
    業績や投資判断については一切触れておりませんのでご留意ください。

2.企業訪問ツアーを終えて

  "自分自身が不便に感じていること、まわりの人が不自由していることに目を凝らし、それを解決するための方法を考え、見つける。それがTOTOユニバーサルデザインの視点です。"(TOTO株式会社 HPより抜粋) これこそが物づくりの原点だと思いませんか? 商品を開発するということは、単にモノを作るのではなく人の生活を設計するということなのですね。

   今回はそんなTOTOさんの物づくりの原点を学びに、茅ヶ崎にあるUD研究所にお邪魔してまいりました。じっくり体験してもらう為に30名様という少人数での開催となりました。(折角応募頂いたのに惜しくも今回参加出来なかった皆様、本当に申し訳ありませんでした。今回のセミナーでの反省点を生かし、より深く実感できるセミナーを今後も企画してまいります。是非また応募頂けます様お願いいたします。)所長様からの会社のコンセプトの説明をいただき、外部への公開は今まで行っていなかった研究施設内の体験見学、そして参加者の皆様のお家にある浴室をテーマにグループディスカッションをする等盛りだくさんの午後でした。

【企業訪問ツアー企画チームリーダー 石井 智宏】

3.当日の様子 当日を時系列でふり返ります

13:00 茅ヶ崎駅に集合

日頃の行いが良かったのか、快晴に恵まれた金曜日の午後。暖かい日差しの中、茅ヶ崎駅前に集合し、弊社社員とファンド仲間の皆さまお互いがツアーの期待から、自然と笑顔がこぼれていました。

TOTO UD研究所外観

13:30 UD研究所到着、研究所所長様による概要説明

  今回ツアー開催の立役者である広報部課長 松原様より挨拶をいただいた後、UD研究所所長 江藤様よりユニバーサルデザインのコンセプトや研究の取り組みなどお話いただきました。参加者の皆さまが「うんうん」とうなずく姿が印象的でした。"快適を、つくる、育てる、考える"という視点で製品を開発・追及される研究所の皆様の思いが伝わってきた、心のこもったプレゼンテーションをいただきました。

UD研究所所長 江藤様 講演 UD研究所所長 江藤様 講演

14:15 UD研究所の見学

  いよいよ、研究所施設内の見学です。普段は一般の見学を行っていないUD研究所ですが、今回は特別に大人数で見せていただきました。写真撮影はもちろん厳禁でしたが、何を見て体験してきたのか、ここで少し紹介させていただきます。

◇ リビングラボ ここには新旧の日本の住宅が再現されていました。生活の中で何が不便で、どこに危険があるのか、どう改善すれば使いやすくなるのか、体験をしながら実感でき、参加された皆様それぞれから細かく質問が挙がっていました。

◇ ライティングルーム こちらでは、各生活場面における照明の違いを体験できます。例えば、お手洗いは普段思っているより暗く、蛍光灯の照明との文字の見え方などを比較できます。そして"低視力シミュレータ"による低視力状態や、色の違いによる見やすさなど、"視覚"という視点から生活を考える施設でした。

UD研究所 施設内部1 UD研究所 施設内部2

15:30 グループワーク

  5~6人のグループになり、事前課題であった自宅の浴室と洗面所の写真を持ち寄り、普段何気なく取っている動作を一つ一つ確認しました。思った以上に、一人一人動作が異なり、それぞれの行動に合わせた設備・製品を作り出すことの大変さを学びました。また、一つの事例から、子どもであったらどのような危険があるのか、そして年齢を重ねると不自由になる箇所はどこかを検討しました。笑い声も混ざりながら最後は模造紙にまとめ発表し、研究所の方からもコメントをいただきました。

グループワーク風景 グループワーク風景
グループワーク風景 グループワーク風景

16:45 解散

  参加したファンド仲間の皆さま、TOTOの社員の皆さま、弊社社員全員で集合写真を撮りました。総勢40名を超える人数となり、個人投資家と運用会社、投資先企業という3者一緒に記念撮影できた、弊社にとって新しい歴史の1ページになったと思います。

懇親会(自由参加)

茅ヶ崎駅前の飲食店で1時間ほど、TOTO社員の方、そして弊社社員も一緒に、参加者の方とざっくばらんにお酒を飲みながら話しました。お客さまと社員という垣根を越えて、仕事や普段の暮らし、人生観など談笑しながら語り合い、日中のツアーとはまた違った時間を過ごすことが出来ました。

参加者の皆さまの声(アンケートより)

当日、参加くださった皆様から頂戴したお声を一部紹介します。

ツアーに関するご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

ものづくりへの情熱と使う人へのやさしさが強く感じられました。

とてもわかりやすく説明いただきありがとうございました。お友達にも見せたくなりました。

施設がとても機能的に作られていて感心しました。

一人一人の人としての行動を尊重している空気を感じました。

貴重な経験させていただきありがとうございました。ちょっとした日常の中にたくさんの気付きがあることに改めて勉強になりました。

日々便利になる商品を考えている現場を見られ、大変驚かされました。

ユニバーサルデザインは大切であることを再認識できた。長い積み重ねにも感謝。

製品に対するこだわりや思い入れなどがよく分かり、使う側の人間からも感謝して使おうという気持ちになりました、よい会社や製品などを、このような形で紹介してくれるといいですね。

予想以上の見学で、楽しくかつ勉強させていただきました。またものづくりの素晴らしさをもっとアピールしてほしいと思います。

今昔でTOTOさんの見学が出来たので、いつの間にか使いやすくなっていたのかと思うくらい良いものがどんどん作られていることを実感できました。

TOTOの製品に対する見方が変わりました。

公立の文化施設なのでユニバーサルデザインは研修もしており他人よりもよく知っているつもりだったが、面白かった。自分が手術をした折、車いす生活が2週間ほどあったので、そちらも関心があります。

障がい者ボランティアの経験があり、その視点から興味深く拝見できました。

セミナー内容や製品と同じくらい、ものづくりに関わっている人自身に興味を持ちました。

皆さまのものづくりに対する真摯な姿勢に打たれました。

普段なにげなくやっている行動・仕草を研究されていることが分かり良かったです。

消費者ニーズにこだわる考えはとてもいいと思うし、これからも頑張ってもらいたい。

多くのご感想・ご意見をいただきまして、ありがとうございました。

全体写真

このページの先頭へ戻る