お客さまサポート|さわかみファンド・資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社
投資信託 TOP > お客さまサポート > よくあるご質問 > 特定口座の源泉徴収「あり」「なし」の違いを教えてください。

特定口座の源泉徴収「あり」「なし」の違いを教えてください。 - よくあるご質問|さわかみファンド・資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社

特定口座の源泉徴収「あり」「なし」の違いを教えてください。

特定口座内において、譲渡益に対する税金の支払い方法が異なります。

  • 「源泉徴収あり」
    お客さまの譲渡益から税金を計算し、弊社が源泉徴収いたします。特定口座内で課税関係が完了しますので、原則として確定申告は不要です。
  • 「源泉徴収なし」
    1年間の損益計算は弊社で行ないますが、年間を通じて利益が発生した場合の確定申告は、お客さま自身に行なっていただきます。

どちらも、「損失の繰越控除の特例」を利用する場合や、一般口座や他の証券会社等の譲渡損益と損益通算する場合は、弊社から送付する「特定口座年間取引報告書」で確定申告することができます。

このページの先頭へ戻る