お取引ガイド|さわかみファンド・資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社
投資信託 TOP > お取引ガイド > 相続手続きの流れ > 財産評価方法について

財産評価方法について|お取引ガイド|さわかみファンド・資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社

さわかみファンドの財産評価方法

さわかみファンドは証券投資信託受益証券に該当し、ご逝去日の時価が相続財産の評価額となります。

(国税庁 財産評価基本通達199による)。具体的には以下のとおりです。

相続財産の評価額

相続財産の評価額:例

ご逝去日の1万口当たりの基準価額11,000円
1万口当たりの取得単価10,000円
残高1,000,000口

源泉徴収されるべき所得税の額に相当する金額
譲渡所得=(11,000-10,000)×1,000,000÷10,000=100,000円
所得税(※) 100,000×0.15315=15,315円

11,000×1,000,000÷10,000-15,315=1,084,685円

(※)  
所得税及び復興特別所得税が課税されます。詳細につきましては、こちらをご参照ください。
(注)  
2014年3月31日以前にご逝去された場合は、所得税の他、信託財産留保金相当額を控除できるため、
相続財産評価方法が異なります。
詳細につきましては、ご縁の窓口(03-6706-4789)までお問い合わせください。

本ページの税金に関する情報は、一般的な税務上の説明を目的としています。実際の税務上のご質問およびお取扱い方法などは、税務の専門家にご相談ください。

このページの先頭へ戻る