投資信託 TOP > 長期投資 > 長期投資のコラム一覧 > 最高の戦略教科書 孫子

澤上篤人「俺の本棚」

2014.03

最高の戦略教科書 孫子

201403_book.jpg
「最高の戦略教科書 孫子」
守屋 淳著
日本経済新聞出版社 
 

もう何冊になるのだろう、若い頃からずいぶん読んできたのが「孫子」であり、マキャベリの「君主論」である。「君主論」については、いずれ書こう。
 
投資運用ビジネスに身を置くうちに、戦争の歴史的記述から戦術や戦法まで、いろいろ勉強することになった。
 
そんな中、真っ先に読んだのが、「孫子」であり、「孫子の兵法」といった書物だった。ふと思い出して、なつかしさを覚える。
 
同じ「孫子」でも、著者によって解説の内容がすこしずつ違う。それも、また楽しからんやで、あれやこれやと読み比べたものである。
 
そこで本書だが、これまでの「孫子」とはちょっと違う。なにしろ、著者の守屋淳さんとは長いお付き合いとなっているからだ。
 
ご縁があって、弊社で月1回のペースで「論語」の勉強会をやることになった。その先生役を務めてくださっているのが守屋淳さんである。もう5年近くやっているが、まだ全体の3分の2ぐらい。経営者など多くの方が外部から出席され、いろいろ意見を述べ合う。そういった道草を食うのが主体の勉強会なので、なかなか進まない。毎回夜7時から2時間びっしりやっているというのにね。本書はまさに、「論語」勉強会の味わいをたっぷり感じさせられる、ぶ厚い内容となっている。
 
あえて言うと、本書によってはじめて「孫子」が血となり肉となってくれるかなという感じである。それまでの、「なるほど」「たしかに、そうだ」といった勉強ベースの「孫子」より、ずっと身になってくれそう。




バックナンバー

口座開設をお考えのお客さまはこちら

口座開設・資料請求

法人のお客さまはお電話でお問い合せください

お問い合わせ相談窓口03-6706-4789営業時間 平日 8:45~17:30  定休日 土・日・祝日

詳しくはこちら(ご縁の窓口)

長期投資だよりwebマガジン|さわかみファンド・資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社