澤上篤人「俺の本棚」

2016.05

赤と黒

201605_book.jpg
赤と黒
スタンダール著
岩波書店

 長期投資に何の関係もないのが、今月のテーマ「赤と黒」である。当初はカミュの「異邦人」をテーマにしようかとも考えた。正直、どちらでも構わない。
 どうして書いてみようという気になったのか?最近のマーケットが無機質きわまりない展開となっており、その反動として無性に人間臭さが恋しくなっているのかも。
 ちょっと前までは、買いや売りの注文を出すのも、人間が前面に出ていた。ところが最近は、プログラム化された計算式に沿って、コンピュータが1秒間に千回とかの売買を繰り返す。そのプログラムもマクロやミクロあらゆるデータを統計処理したもので、人間の関与するところはほとんどない。

chairman-photo3.jpg

 そもそもマーケットは、人間が経済生活していく上での需要と供給のズレを、価格変動でもって調整するという役割を果たすところ。きわめて人間臭いところである。
 それなのに、最近のマーケットでは価格変動が一人歩きし、そこにヘッジファンドなど巨額の運用資金が群がり集まっているのだ。
 そういった無機質なディーリング売買によって形成される価格が、経済活動の指標となっていく。いかにコンピュータがプログラムに忠実に発注しようが、いろいろな歪みが蓄積されていくであろうと、われわれ人間ならバランス感覚が働く。
 昔のマーケットへのノスタルジーではない。それそろ人間臭いマーケット行動がカウンター・バランスとして登場してきてもいいのでは。




バックナンバー

口座開設をお考えのお客さまはこちら

口座開設・資料請求

法人のお客さまはお電話でお問い合せください

お問い合わせ相談窓口03-6706-4789営業時間 平日 8:45~17:30  定休日 土・日・祝日

詳しくはこちら(ご縁の窓口)

長期投資だよりwebマガジン|さわかみファンド・資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社