投資信託 TOP > 長期投資 > 長期投資のコラム一覧 > 仏教の冷たさ、キリスト教の危うさ

澤上篤人「俺の本棚」

2016.08

仏教の冷たさ、キリスト教の危うさ

201608_book.jpg
「仏教の冷たさ、
キリスト教の危うさ」

ネルケ無方著
ベスト新書

 長期投資でより良い世の中をつくっていこうよといっているが、なかなか広がってくれない。長期投資の文化が普及すれば、日本経済はどんどん活性化するし、世界の平和にも貢献できるのだが。
 いまイスラム国が世界中あちこちでテロを仕掛けているが、民族や宗教の対立といった図式の奥で、貧困や社会的格差が問題の根を深くしている。そういった貧困や経済的格差といった問題は、長期投資でもって解消していける。
 
 ところが、民族や宗教の対立となると、実にやっかいである。とりわけ宗教や宗派の自己正統化論争は、武力行使につながることもしばしば。どうすれば、各宗派がもっとおだやかに棲み分けられるのか。
 

chairman-photo3.jpg

 そんな問題意識をずっと抱えてきた中、ふと本書を手にした。ドイツに生まれプロテスタントとして育った筆者が、日本で仏門に入り日本人の宗教観にふれて、実に鋭い指摘を随所で展開してくれている。
 「仏教の冷たさ」―それは現状をありのままに受け入れ、打開策を考えない多くの仏教徒の怠慢に起因している。「キリスト教の危うさ」―それは愛を叫びながら、結局は憎しみ合う一神教の謙虚のなさの表れだ。
 
 キリスト教をはじめとした一神教には、強烈なニオイを感じさせられる。そのニオイをアク抜きできれば、どれだけ皆がおだやかに生きていけるか。
 だから、他宗教を徹底的に排除する欧米のキリスト教圏に、日本的なキリスト教を逆輸入してはどうかとさえ思う。
 どれもこれも、はっとさせられる。
 
 
 
 




バックナンバー

口座開設をお考えのお客さまはこちら

口座開設・資料請求

法人のお客さまはお電話でお問い合せください

お問い合わせ相談窓口03-6706-4789営業時間 平日 8:45~17:30  定休日 土・日・祝日

詳しくはこちら(ご縁の窓口)

長期投資だよりwebマガジン|さわかみファンド・資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社