投資信託 TOP > 長期投資 > 長期投資のコラム一覧 > さわかみ一般財団法人

Beyond the Horizon

2015.10

さわかみ一般財団法人

201510_beyond.jpg

 前回のさわかみグループ全体の展開・資本関係のご紹介に続き、今回は「さわかみ財団」に触れていきます。自然保全活動やヴィレッジ計画など、ファンド仲間の皆様の中でもご存知の方が多いと思われますが、改めて設立意義や現状などを記載いたします。
 「さわかみ財団」は、元々は「さわかみ投信」の親会社である「さわかみ合同会社(現さわかみホールディングス)」よりスピンアウトし設立された一般財団法人です。「さわかみ投信」の理念の一つに“一般生活者の財産形成のお手伝いをさせていただこう”とありますが、長期運用によって将来不安が解消され経済的自立への自信を持ち始めてくると、皆様は“いかにしてお金をカッコ良く使っていこうか”というステージに入ってくると考えております。その時、「さわかみ財団」が主体性を持って世の中を豊かにしていく活動をしていたらカッコ良いお金の使い方のモデルになれるだろうという理念をもって、2009年10月に「さわかみ財団」を設立いたしました。下記、「さわかみ財団」の代表である澤上篤人からのメッセージです。
 
 世の中へカッコ良くお金を使っていく理念の中で真っ先に浮上してきたのがヴィレッジ計画。自然豊かな環境で“どうせなら”を次々と実行に移していく。ヴィレッジでは全体調和を大事にするから、建築物にも統一感をもたせる。201510_beyond_village.jpg住居はムクの木材や漆喰など自然素材だけにして、健康に良い生活のベースとする。自分たちで自然農園をやってもいいし、近隣の農家さんから無農薬のお米や野菜を購入してもいい。自然エネルギーも取り入れる。ちょっと高くなっても長期投資からの余裕でなんとかなる。そのうち学校もつくる。コンサートホールも…といったかたちで夢はどんどん膨れ上がっていく。そういった夢が長期投資の先では夢ではなくなる。そのモデルをつくっていくことで、長期投資の良さとすごさを世に発信したい。
 
 かつて全国200カ所超の土地を視察し2カ所を候補地として選定、土地の取得交渉に入りました。しかし交渉している間に、太陽光発電の買い取り制度で土地の地主が20年間の賃貸になびいてしまったわけです。残念ながらヴィレッジ計画は一時とん挫を余儀なくされましたが、現在も土地取得に邁進しております。最終的にヴィレッジでは身寄りのない子どもたちも住めるようにし、彼らがヴィレッジ出身なんだと誇りをもって世に羽ばたけるような空間を目指しております。
 ヴィレッジ計画以外でも、自然保全活動やスポーツの底辺を広げる活動など、幅広く世の中が面白くなるよう動いております。そのような「さわかみ財団」は、全ての事業会社の親会社である「さわかみホールディングス」の無議決権株を全て保有しており、グループ展開の中で節約し余ったお金を配当金として受取り、鋭意活動をしております。
 
 

※本欄は、さわかみグループ各社の活動をご紹介するものであり、さわかみグループ各社が提供するサービスや商品の販売・勧誘を目的とするものではありません。




バックナンバー

口座開設をお考えのお客さまはこちら

口座開設・資料請求

法人のお客さまはお電話でお問い合せください

お問い合わせ相談窓口03-6706-4789営業時間 平日 8:45~17:30  定休日 土・日・祝日

詳しくはこちら(ご縁の窓口)

長期投資だよりwebマガジン|さわかみファンド・資産運用・投資信託・長期投資のさわかみ投信株式会社