聞くAsk

相続手続きの流れ

被相続人がお亡くなりになると相続手続きが開始となります。お手続きの中には期限が決められ、罰則規定があるものもあります。ここでは、相続の発生から相続手続き完了(相続税納付)までの流れをご紹介します。

相続発生後 法律・財務 税金関係 仏事・家事
3か月以内 死亡届の提出(7日以内)
遺言書の確認
遺産を引き継げる人の確認
相続財産の把握
相続の放棄・限定承認
通夜・葬儀
初七日法要
四十九日法要
香典返し
4か月以内 準確定申告
10か月以内 遺産を分ける
遺産分割協議書の作成
遺産の名義変更
相続税の申告、納付等

遺言書

遺言書には、公正証書遺言と自筆証書遺言があります。封のしてある自筆証書遺言は、そのままの状態で家庭裁判所に持って行き、検認を受ける必要があります。

相続の放棄・限定承認

遺産を引き継ぐか、引き継がないかを、相続発生から3か月以内に決める必要があります。

準確定申告

ご逝去された方(被相続人)のその年の初めからご逝去日までの所得について、納付・還付の手続きを行います。

遺産分割協議書

作成は必須ではありませんが、後々のトラブルを避けるためにも作成しておくと安心です。

本ページの税金に関する情報は、一般的な税務上の説明を目的としています。実際の税務上のご質問およびお取扱い方法などは、税務の専門家にご相談ください。