デリバティブ取引等に係わるリスク管理方法

Derivative

弊社が設定・運用を行う公募投資信託「さわかみファンド」において、デリバティブ取引等に係る投資指図を行う場合のリスク管理方法は以下のとおりです。

  • 一般社団法人投資信託協会の規則で定める方法のうち「標準的方式」を採用し、 市場リスク相当額の算出方法を参考に用いたリスク量が、投資信託財産の純資産総額の80%以内となるよう管理します。
  • 「標準的方式」のリスク量は、金融商品取引業者に対する自己資本比率規制(金融庁告示第59号「金融商品取引業者の市場リスク相当額、取引先リスク相当額及び基礎的リスク相当額の算出の基準等を定める件」をいいます。)における「市場リスク相当額」の算出方法に基づき計算します。

当ファンドは、値動きのある有価証券等に投資します。有価証券等は発行者の経営状況やそれに対する外部評価、外国為替相場等の変動により、基準価額は変動等の影響を受け投資元本を割り込むことがあります。ご投資にあたっては、必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をよくご覧いただき、ご自身でご判断ください。さわかみファンドのリスク及び手数料については、こちらをご覧ください。