パワーあふれる投信会社(2018.8)

さわかみ社員は個性あふれるキャラクターが勢ぞろい。
社員それぞれの日々の様子や想いをご紹介します。


 

やってもうた?

6月に札幌で開催した当ファンド長期保有者向け感謝会の帰りの機内の話。感謝会でハイテンションになっている状態にて搭乗。隣の座席の見知らぬ若者に長期投資の良さを30分以上話し、本人は熟睡モードへ。目覚めた瞬間話しすぎたかなと自己反省していると「名刺いただけませんか?」という若者の一言にほっと一安心。この出会いがあの若者にとって良い結果につながったら、ええよな~と勝手なことを思いながら無事帰宅。

【直販部 大野 敦久】

 


 

はや4か月

4月より入社いたしました、村瀬と申します!つい先日まで大学生だったのですが、気が付けばもう8月になり、時の流れを感じております。この4か月で印象的だったことは、ファンド仲間の皆さまとの関係が非常に近いことです。このことは、投資信託という目に見えない商品を扱う中で安心や信頼につながるのではないでしょうか。どういうことをすればファンド仲間の皆さまのためになるか、考えながら日々の仕事をしたいと思います。

【直販部 村瀬 翔】

 


 

勝手に介護レポート

社会的に副業・兼業が認められるご時世になりました。期せずして副業を持つとはどういうことかを現在体験中です。当社の就業後、会社を出た瞬間から唯一人の被介護者である母の介護職員に変身します。母は散歩中に脳梗塞を発症し、本人も周囲も単なる一時の体調不良と判断したために治療が遅れ、様々な症状を経て認知症に至りました。自分の親だけに感情が邪魔をして適切なケアには程遠いのですが、これからぽつりぽつりとエピソードをご紹介していこうかなと思います。勝手に介護レポートなので、略して「勝介護」。おっ、字面は勇ましい。パワーがあふれてくることをご期待ください。

【運用調査部 大澤 眞智子】