『日本人だけが知らない 本当は世界でいちばん人気の国・日本』

日本人だけが知らない 本当は世界でいちばん人気の国・日本
ケント・ギルバート 著
SB新書

さわかみファンドは国際分散投資を含め、なんにでも投資できる設計にしてある。とはいえ、デリバティブやオプション、先物取引などに手を出す気はまったくない。いずれは、5兆円10兆円といった巨大ファンドに成長していく。もうそうなると、小手先の運用は通じないし、下手にオプションなどで運用テクニックを多用すると、かえって身動きとれなくなる。あくまでも長期の株式投資を主体とするオーソドックスな長期投資運用を貫く。それも現物株中心でだ。このような確固とした運用方針もあって、ここまで敢えて日本株を前面に出したポートフォリオにしてきた。
その心はといえば、ファンド仲間に満足いただける成績をお届けするぐらいは、日本株中心でも十分にいける。だったら、日本にはすごい企業が一杯あるよ、日本人はもっと日本に自信と誇りを持とうよ、そう訴えてやろうという思いからだった。どうも日本人はムードに流されがち。高齢化が進み人口も減っていくから、日本経済の活力も成長力も落ちていくしかないとか、なんともダラシない。その横で、既得権は絶対に手放すまいと守りだけは固めている。自助自立の精神はどこへ行ってしまったのか。
いつも日本人として誇りを持とうぜといっている中、たまたま本書を手に取った。まさに、著者の主張通りだ。すごい実績を残している人々が市井のあちこちにおられる。そういった事例をもっともっと知りたいし、いろいろ学びたいものだ。