デクセリアルズ株式会社(4980)

ソニーの中で鍛えられた技術がスピンアウトにより解き放たれた
ドライバー環境のデジタル化に伴う事業機会拡大に期待

デクセリアルズはソニーグループに源流を持つ、エレクトロニクス分野に高度な材料を提供する企業です。ソニー製品の価値を縁の下で支えてきた歴史が、現在も同社の独自性・競争力の特徴となっています。
同社はビデオテープを製造していた知見から、コア技術として金属と樹脂を精緻に組み合せることを得意としています。例えばフィルムの中や外側にμmオーダーの金属の粒を拡散させたり、その層を形成したりすることができます。
現在はこの技術を活かした「反射防止フィルム」の成長に期待が寄せられます。ベースフィルムを製造ラインに一度流すだけで、その上に3種5層に渡る金属層を形成できる独自のOnly one技術から生み出される同製品は、液晶パネルの視認性の向上はもちろん、優れた防汚性や耐擦傷性を兼ね備えており、高機能ノートPCを皮切りに自動車内部の表示パネルへの採用が急拡大しています。優れた新素材を開発するだけでなく、それにより実現できるデザインを最終製品メーカーへ直接(商流を超えて)提案する営業スタイルも、従来の素材メーカーにはない文化であり、そのしなやかさに持続的な成長が期待できます。

【アナリスト 斉藤 真】