投資だけでなく、 消費でも企業を応援したい

10年以上に渡り、さわかみファンドを保有いただいているお客様をお招きしている感謝会。その懇親の会で同席させていただいた方の言葉に、私は衝撃を受けました。今回は、穏やかながら力強い言葉を発していた、愛知県にお住まいの日比野様にインタビューさせていただきました。

さわかみファンドとの出会い

さわかみファンドを始めたきっかけは、ご家族がさわかみファンド出航後の間もない頃からのファンド仲間であったから。日比野様ご自身は、投資というとやはり株、デイトレード、儲ける、損すると言ったイメージがあったそうですが、ご家族がされていることから、多少抵抗はあったものの自分も始めたとのこと。一番上のお子様が生まれた頃に始められたので、まさにお子様が成長されていく中で、さわかみファンドともお付き合いをいただいている訳です。
しかし、つみたてを始めてすぐに、100年に一度とさんざん騒ぎ立てられたリーマンショックが訪れます。さわかみファンドでは、待ってました!と買付をされた方が圧倒的に多かったものの、展望が見えないと解約された方もいらっしゃいました。そのような中、日比野様は、「まあこういうものなのかな、解約しなければ損が確定する訳でもないし、つみたてしながら置いておこう」と思われていたそうです。私たちもその時、まさに仰っていただいたようなことをお客様にお伝えできていればと今でも思っています。
「さすがに自分の生活に影響がある金額を投資していたら、そうは思えなかったかもしれないですね」と語る日比野様。
資産運用は「すぐやる、すこしずつやる、ずっとやる」の頭文字を取った3つの“す”が大切だと私は考えています。買い時はいつ?だなんて考えていたらいつまで経ってもできない、一度に大きな額を投資しない、上がった下がったですぐやめない。まさに日比野様はその事を実践されていました。

投資だけでなく、消費でも企業を応援したい

日比野様はご自分が常日頃買うものは、企業姿勢が変わらない限り、ここ!と決めてこだわっているそうです。購入することは、ひいては応援すること。投資もするけど消費でも出来ることがあるはず。
そんな日比野様は、40年余り前にご家族で創られた会社で、服の衿や袖のニットの部分を作ってメーカーに卸す服飾関係のお仕事をされています。「競合が多い中、いつも仕事の取引先、お客様の応援があり、面倒を見ていただいているからこそ、自分達があると思っています」だからこそ、投資だけでなく消費でも応援、とお考えになれるのでしょう。
私たちは長期投資を通じて、お客様、投資先企業、さわかみ投信の三人四脚で資産を、経済を大きくしていこう、そしてより良い豊かな世の中を作っていこうと考えています。勉強会でそう言うのですが、日比野様は一度も参加されたことがないとのこと。それにも関わらず、まさに同じ方向を見ていらっしゃると感じました。

お金にも働いてもらう

「今までつみたてをしてきて、お金に働いてもらうという考えはとても納得しています。それに投資でお金持ちになりたいとか、例え投資で儲けたとしても何もしないままでいたいという訳ではないんです。自分は幸いまだ働けるし、汗をかいて働いた分、お金は後からついてくるという感覚があります。だから自分が働くのと同時に、お金にも働いてもらって不安を解消できればいいかなと思っています」
その言葉にまたまた感動してしまいました。まったく私たちと同じ考えだったからです。
自分も働くけれどお金にも働いてもらって、将来の不安がなくなることを経済的自立と私たちは呼んでいます。将来の不安がなくなれば、そこから解放され、毎日はとても楽しく輝いたものになります。ファンド仲間の皆様には、ご自身、ご自身の周りの方達の豊かな未来のため、そしてその先にある豊かな世の中のために、ぜひ経済的自立をしていただきたいですし、そのお手伝いをさせていただくことがさわかみ投信の存在意義だと思っています。

未来に向けて

「大それたことは何もないけれど、働いて、家族と一緒にいて、今自分がしている消費を通じて応援するというスタイルをこれからもずっと続けていければと思います」
そう語る口調は穏やかですが、力強さがにじみ出ています。
最後に“さわかみ投信に期待することはありますか?”と問いをさせていただきました。「感謝会に参加した時もレポートと同じ、社員さんの元気な感じを受けました。そのまま変わらないでほしい。そして開拓者として、今までの考えを変えずに、ぶれずに長期投資を貫いてほしいと思います」
長期投資を通じて豊かな未来を作っていくという私たちの考えは未来永劫変わりません。ご自身は働いて、生活を楽しんで、お子様も成長して、その横でさわかみファンドがずっと寄り添っていられたらこんなに嬉しいことはありません。私たちは変わらず、しかし前進していきますので、ぜひこれからも安心して持ち続けていただきたいと思います。

【コンプライアンス室 左近充】


日比野 雅人 様

ファンド仲間歴:11年。繊維卸会社 役員。現在は子育てが趣味のようで、3人のお子様との時間もたっぷり。話の節々から、良きお父さんぶりがうかがえます。