さわかみファンド20周年を、 日本全国で迎えさせて頂きます

既報でもお伝えのとおり、皆さまのさわかみファンドは本年の8月23日をもちまして第20期会計年度を終了し、翌日より21年目の船出を迎えます。これも創業以来からお付き合いいただきましたファンド仲間の皆さま、あるいはこの20年間の航海中に駆けつけてくださいました皆さま、様々なファンド仲間の皆さまのご賛同、ご賛意いただきまして、この日が迎えられますこと心より感謝し申し上げます。社長の澤上も述べておりますが、日本のファンドの寿命が約3年程度と言われているところ、このように永らえたファンドを運営できましたことを改めて思い返しますとともに、この先50周年、100周年をまた皆さまと迎えられますよう思いを新たにする次第です。
さわかみファンド20周年を記念いたしまして、その20年の歩みをお伝えする特設サイト(https://www.sawakami.co.jp/20th/)を開設し、また年度後半からではございますが、日本全国47都道府県で、ファンド仲間の皆さまであればどなたでもご参加いただける感謝祭を実施する予定です。

会長書き下ろし!年次レポート

20年間の歩みを皆さまにお伝えするには一体何がいいのだろうか?この度の特設サイトを開設するにあたり最も熟慮したことです。皆さまお馴染みの、創業当初から月二回発行している月次レポート(現在では長期投資だよりとレポートが月に各一回)があります。われわれ社員もときどき読み返してみるものであり、昨年の運用報告会でその一部をパネル展示させていただき来場された方々から好評を博しました。こちらを第一回分から掲示してみるのはと思い至りましたが相当な分量となります。これを何とかならないものかと思案をしていたところ、社長より「そうであれば、そこに書ききれていない分も含めて会長に新たに年次レポートを書いてもらえば」という一言が。そこで、この度会長の協力の元「さわかみファンド、こんなこともあったね」というタイトルで第1期目からの年次レポートをサイト内に掲載しております。書き下ろしのため、現在第5期までのレポートが掲載されており、今後順次20期目までのそれが掲載されていく予定です。「そうだった、そうだった」といった感想や「へー、そうだったんだ」という思いとともに、この20年間の歩みをじっくり味わっていただければ幸いです。

さわかみファンド20周年記念感謝祭について

またWEBサイトとは別のかたちでファンド20周年記念の感謝をお伝えしたく、日本全国47都道府県で感謝祭をキャラバン方式で実施予定です。20周年の感謝の思いをできるだけ多くのファンド仲間に直接会ってお伝えしたい。併せて、さわかみファンド興隆の原点である「自立して堂々と生きていこう勉強会」を再び味わっていただきたい…という社長の澤上のたっての希望、実現の至りとなりました。
ですので、日本全国47都道府県各地で少なくとも1会場以上で実施予定であり、かつ社長の澤上は全会場にて登壇予定です。また、全国を6ブロックに分割させていただきまして、そのブロックごとでのご当地社員等を含む複数の社員が、社長とともに皆さまをお迎えいたします。今年10月以降の実施予定ですが、同じく特設サイト上で日程・会場のご案内(決定したもののみ)、及び準備整い次第、参加申込を受付いたしますので、どうかサイトの方をこまめにご覧いただけますと幸甚です。各ブロックで皆さまをお迎えします社員からのエッセイも今後順次掲載予定です。

 

さわかみファンド20周年記念特設サイトはこちらよりご覧ください。

さわかみファンド20周年記念サイト