蝶々さん

蝶々さん
市川 森一 著
講談社文庫

長期投資の先には、お金から自由になった状態、つまりフィナンシャル・インディペンデンスが待っている。もう、お金の不安とかはない。ここからの課題は、余裕ができたお金をどう社会にまわしていくかだ。
長期投資でお金を経済の現場にまわすも、長期投資で殖えたお金をもう一度まわしてやるのも、経済活性化に大きく貢献する。とにかく、お金に働いてもらう。預貯金に抱え込んではいけない。この考え方が、成熟経済には不可欠である。
さわかみファンドで、先ずは長期投資の財産づくりを提唱してきた。いまは、次の段階として、「カッコ好くお金をつかおう」を世に訴えている。
文化・教育・芸術・スポーツ・技術・寄付・NPO・ボランティアなんでもいい。より充実感のある生活方向へ、お金をどんどんまわしてやろう。そこに新しい産業が生まれ、雇用も促進する。
そんなわけで、さわかみ一般財団の次にオペラ財団と寄付の「お金をまわそう基金」をつくって、「カッコ好くお金をまわす」両極端のモデルとした。片や心の贅沢に、片や気持ちの満足に向けて、お金にもう一度働いてもらうのだ。
今年のオペラ公演は、名古屋城天守閣の本丸御殿を借景とした野外オペラ「蝶々夫人」だった。モデルとなった蝶々さんってどんな感じだったのだろう。
そんな関心をもって手にしたのが本書。愛と信に生き、武士の娘としての誇りを自らの命を絶つことで示す。蝶々さんの最後を描写した下りが、実にサラッとしていて逆に、人間としての生き方の美しさが静かに伝わってくる。