聞くAsk

用語集

分配金

分配金は投資信託の信託財産から支払われます。よって、分配金が支払われるとその金額相当分、基準価額(投資信託の値段)は下がります。また、分配金は、その投資信託の運用成果のみならず、投資信託の計理(意味は一般的な経理とほとんど同じですが、別の漢字を使います)において計算される、収益分配可能額に基づいて委託会社(運用会社)が決定します。

すなわち、分配金は投資信託の運用収益を超えて支払われる場合もあり、分配金の水準が投資信託の収益率を表すわけではないのです。

一方、各受益者の方々におかれましては、投資信託の購入時期が違いますので、お一人お一人の個別元本(購入価額)が異なります。したがって、分配金の支払いが、実質的に投資元本の一部の払い出しに相当する場合においては、税金が課されません。このような場合、誤解が生じないよう、当該分配金部分を元本払戻金(特別分配金)といっています。

反対に、分配金の支払いが個別元本(購入価額)を超えている場合は、普通分配金といい、税金が課されます。