聞くAsk

用語集

特別代理人

特別代理人とは、未成年の相続人に代わって相続手続きを行う人です。親権者が未成年者を代理して相続手続きをすると、未成年者の利益を犠牲にして親権者が利得する「利益相反」が生じる恐れがあります。それを防止するため、親権者は家庭裁判所に特別代理人の選任を申立て、その特別代理人が未成年に代わって相続手続きを行う必要があります。家庭裁判所にて選任手続きが完了すると、特別代理人選任審判書謄本が発行されますので、相続手続きには原本をご提出いただいております。ただし、未成年者がいる場合でも親権者が相続人にならない場合など、特別代理人の選任が不要な場合もあります。

詳しいお手続き方法などは、お住まいの地域を管轄している家庭裁判所にお尋ねください。