20周年感謝祭 関東ブロックを終えて

さわかみファンドの20周年を記念して、晴れ燦々の日も嵐の時も共に歩んでくださった全国の皆さまとお会いするため開催している感謝祭。このたび東京を除いた関東6県の開催風景をご報告いたします。

勉強会後は横断幕とともに記念撮影

本感謝祭、社長は全会場を回りますが、社員については地域ごとのチームに分かれて準備、開催しております。関東チームのコンセプトは、ずばり“皆さまの記憶に残る感謝祭”。前半は勉強会、後半は懇親会を行うということまでは決定しているものの、それ以外に何をするかは自由。半年以上前の3月からチームで幾度も幾度もミーティングを重ね、たどり着いた答えは以下の2つです。
1つ目は、ご参加いただくファンド仲間の皆さま1人ひとりにメッセージカードを書くこと。それも保有歴に応じて色を変えたネームプレートに入れて。これは感謝の気持ちをお伝えしたかったのはもちろんですが、改めて何年保有されているかを実感し、さわかみと初めて出会った頃を思い起こしていただきたかったからです。そして懇親会を通じて、保有歴の短い方は、長い方へどうしてそんなにもの間持っていられたのか。また保有歴が同じ位の方同士では「あの時こんなことがあったよね」といったファンド仲間の皆さま同士の交流のきっかけの一つとして、更に長期投資の輪を広げていただきたいという思いからです。実際、各地域の懇親会ではそれが功を奏してなのか、皆さま同士そして社員を交えて大いに盛り上がっていらっしゃいました。

口座保有歴ごとに4色に分けたメッセージカード付きプレート

そして2つ目は、有名無名を問わず、その開催地域の地のものを懇親会でご提供すること。さわかみファンドは本業で社会課題を解決する企業、そして地域活性化に貢献する企業を投資を通じて応援したいと考えております。これは何も投資に限ったことではなく、消費をすることもとても大切です。さわかみファンドで得たリターンの使い道として、地元でお金をまわす。その一例として、各県出身の社員が、地元では知られていないけれど世界的に有名なお酒、障がい者の方が山を開墾しブドウ畑にして作った世界的に認められ始めているワイン、地元で取れた農作物を使って作られたビール他を提供させていただきました。挙げた例にお酒が多いのは何とも弊社らしいなと思われるかもしれません(笑)。おかげ様でどの品も皆さまに大変ご好評いただきました。しかしあくまでも私たち社員が主観で選んだ一例ですので、他にも皆さまご自身が地元の品を新たに発見したり、地元でなくても消費で応援したい企業を改めて感じていただければ幸いです。

さて、肝心の勉強会はと言いますと、こちらは弊社伝統的スタイル「自立して堂々と生きていこう勉強会」。プレゼンテーション無しで最初からいきなり質疑応答で始まる勉強会です。正確に言うと、質疑応答しかありません。しかし初めの方が手を挙げて質問をすれば、弊社社長をはじめ、会長、最高投資責任者の草刈が堰を切ったように答え、1時間が「あっ」という間に過ぎました。会長からすれば勉強会は3時間必要だとの言葉通り、その後の懇親会でもそれぞれに輪ができて、お酒を片手に質疑応答を繰り広げておりました。

また昨今、共通KPIと言って、評価指標として多くの金融機関が顧客の損益状況を公表しています。一見良いことのように見えますが、相場全体が低迷している時は、どの会社も惨憺たる結果となるでしょう。果たしてその機械的な数字のみ公表されることが有益な情報になり得るのか。これから投資を始める、始めて間もない方にとっては、やっぱり投資はギャンブルだと離れていくのではないか。ということで勉強会の終わりに社長より、「長期投資家たるファンド仲間の皆さまがいかにしてリーマンショックを乗り越え10年以上保有していられたのか、生の声を金融庁や投信協会に届けるため、インタビューをさせてください」とお伝えしたところ、多くの方が「よし、やってやろう!」とインタビューに応じてくださいました。

どちらの会場も2時間という時が本当に短く、心から楽しく過ぎましたが、感謝祭関東ブロックを終えて思うことは、やはり私たちはお客さまに支えられている、恵まれているということです。基準価額が低迷している時にはお叱りの言葉を受けることもあります。しかしそれを乗り越え共に歩んでくださっていること、感謝祭では社員が椅子を一心不乱で片づけているところを「一緒にやった方が早いよね」と多くの方にお手伝いいただいたこと。金融でのお付き合いを超えた、長く一緒にいる“仲間”を感じました。

まだまだ各地域で感謝祭は続きます。その中でも最後は2020年8月22日(土)、東京会場は社員総出です。初めていらっしゃる方、満員御礼でお越しいただけなかった方、今回来たけれどまた来たいという方、社員一同お待ちしておりますので、ぜひお越しになり、さわかみの社員、ファンド仲間の皆さまと、字の如く“仲間”を感じていただければと思います。今回ご参加くださいました614名の皆さま、本当にありがとうございました。至らない点も多々あったかと存じますが、今後とも末永いお付き合いをよろしくお願い申し上げます。【関東ブロックリーダー 左近充】

勉強会の様子

会場ごとに地域の品をご用意した懇親会

会場ごとに用意した横断幕にいただいたメッセージ