パワーあふれる投信会社(2015.11)

201511_sawakami-column1.jpg

さわかみ社員は個性あふれるキャラクターが勢ぞろい。

社員それぞれの日々の様子をご覧ください。
 
 
 
 
 
 

 
フォーク酒場
半年に1回程度、同僚数人とフォーク酒場に行きます。そこでは、集まるお客さんがワイワイ飲みながら、順番に舞台に立ち、自分の得意な曲をギターやピアノを弾き語りします。プロ顔負けの人もいて、ギター1本でマイケル・ジャクソンのアップテンポを歌う強者も!毎回、練習不足を露呈しておりますが、歌を軸にして見ず知らずの人達と仲良くなって繋がる。温かいひと時は、明日からまた頑張ろうという気力を湧かせます。

【直販部 左近充】

 

楽しむことは不可欠

中高生と語り合う機会があり、将来なりたい職業について話をしました。職業こそ人それぞれですが、その背景には皆"憧れる大人の姿"がありました。中には意外な身近の職業をあげる子もいて、理由を聞くと働いている方が活き活きとしていてカッコいいからというのです。活き活きしている人は総じて楽しんでいるもの。何時も楽しむことを忘れずに、行動する大切さを認識する機会になりました。

【企画部 鈴木】

 

 
育休から復帰しました
2014年2月に出産し、4月に育児休業から無事復帰いたしました。待機児童激戦区での保育園探しは本当に大変で、保育園が決まらなければ仕事復帰もできず、認可保育園の結果が出るまでは不安の毎日でした。結果第4希望の保育園に決まり一安心ですが、倍率の低そうな第4、5希望の園となったので初めは素直に喜んでいいのかと悩みました。しかし毎日楽しそうに登園している息子を見ると「この保育園でよかった」と思えます。

【直販部 中村】

 

 
妙な趣味
妻の海外旅行をきっかけに、特定の飛行機が今どの辺りを飛行しているかが分かるアプリに出会いました。そのアプリは逸品で、世界地図上にその時点で飛行している全ての飛行機がプロットされており、便名を指定すると一つだけ赤く表示され、リアルタイムで動きます。元々妻がどの辺りを飛んでいるのかを知りたくて見ていましたが、妻が帰国した後もそのアプリを頻繁に眺めては楽しむという、妙な趣味がまた一つ増えてしまいました。

【直販部 川上】

 

 
長期投資の本当の意味
社の方針で、社員全員が「自立して堂々と生きていこう勉強会」を行ったことをきっかけに、私は「さわかみ投信の長期投資とは何なのだろう」という壁に改めてぶち当たっています。「長期投資」という短い言葉に込められた本当の意味をいつかお客さまに堂々と自信と確信を持って誠実にお話しできる日が来るように、わかったふりをしないで、もうしばらくちゃんと壁にぶつかってあがいてみようと思います。

【直販部 小宮山】