「さわかみファンド」 第19期 運用報告

「相場は悲観の中に生まれ 懐疑の中で育ち
楽観の中で成熟し 幸福の中で消えていく」

この格言を冒頭に使ったのが2015年、あれから既に3年が経過しました。今年はリーマンショックからちょうど10年を数え、世界的に大きな節目を迎えたと言えます。結果的に現在は、一部の新興国通貨の暴落や崩れてしまったフィリップス曲線(失業率と賃金や物価上昇率は逆相関の関係であるという学説)などの問題を抱えてはいるものの、総じて市場に大きな混乱はなくここまできています。

第19期の「さわかみファンド」は、基準価額が25,348円、純資産は3,106億円と、それぞれ前期比で+8.5 %、+4.0 %となりました(図1参照)