よくあるご質問 登録情報の変更 MENU
  1. HOME
  2. 採用情報
  3. さわかみ投信とは
RECRUIT

さわかみ投信とは

さわかみ投信の採用ページへようこそ!
ここでは、当社をよくご存じない方のために、当社の成り立ちや事業の特徴、職場の雰囲気などを分かりやすくお伝えします。

長期投資で将来の不安をなくし、人生を豊かに! 世の中をおもしろく!

1999年、当社は銀行や証券会社などのグループに属さない日本初の独立系運用会社として、富裕層ではなく一般生活者のための投資信託「さわかみファンド」をスタートしました。現在、11万名超のファンド仲間(お客さま)から、約3000億円の運用資産をお預かりしています。国内外の「応援したい企業」に投資し、投資先企業・ファンド仲間・運用会社の三人四脚による長期投資で世の中をおもしろくしていくことが、私たちのミッションです。

創業者の澤上篤人は、長年ヨーロッパのプライベートバンクで富裕層向けの資産運用に携わって参りました。彼らが長期的な目線でゆったりと財産を増やし、より良い社会を作るためにお金を使う。そんなかっこいい姿を間近で見て、日本にもそんな大人を増やしたいと願い、独立したのです。
銀行にお金を預けてもほとんど増えない時代。年金不安や給与の伸び悩みで多くの人が投資の必要性を感じていながら、日本にはまだ投資文化が根付いていません。なぜか?それは、日本ではまだ「投資はギャンブルだ」または「投資はお金持ちがするものだ」という認識が強いからです。
しかし私たちの考える長期投資は、そうではありません。投資(株式投資)とは、私たちの未来をより良いものにしてくれると思える企業を、株主となって応援する行為です。その結果、株主の期待に応え事業を拡大することによって得た利益の一部が、リターンとなって返ってきます。
つまり投資とは、自分自身の財産を増やすという個人的な行為であると同時に、より良い未来をつくるために一票を投じるという「社会的な行為」でもあるのです。

このような長期投資の文化を日本に根付かせることができれば、投資先企業の事業を通じてより良い未来をつくることもできるはずです。そして、投資による将来不安の緩和は生活者に心のゆとりをもたらし、お金や時間の使い方にもきっと変化をもたらすことでしょう。そうなれば、個人の人生も世の中も、もっともっとおもしろくなると思いませんか?

経営理念はこちら

私たちは、3つのつながりを大切にしています

1.お客さまとのつながり(直販へのこだわり)

私たちは、お客さまのことを「ファンド仲間」と呼んでいます。ファンド仲間とのつながりは、月2回のレポートや日ごろのメール・お電話はもちろん、年に一度の運用報告会、各種セミナーや勉強会、感謝会など多岐にわたります。
長期投資は運用会社だけでは成り立ちません。暴落の恐怖を乗り越え、企業の成長や復活を忍耐強く見守り、十年二十年という長い時間軸で運用していくためには、運用理念に共感してくださっているファンド仲間の存在が不可欠なのです。日本では、投資信託は銀行や証券会社などを通して購入するのが一般的ですが、私たちは、運用会社である当社が直接お届けする「直販スタイル」をとっています。販売会社を通じて広く提供した方が、お金はたくさん集まるかもしれません。しかし、それではこの理念を共有することはできません。そのため、私たちは創業以来ずっと直販を貫いています。

2.投資先企業とのつながり

投資判断をするうえで、私たちが最も重視するのはもちろん投資収益ですが、株価が上がればどんな企業でもよいというわけではありません。「Buy & Commit」の考え方に基づき、より良い社会づくりを担うと思われる企業に、応援したいという気持ちを込めて投資します。そして、投資先企業からも信頼される株主になることを目指しています。投資収益だけを追求した方が、運用成績は向上するのかもしれません。しかし私たちは、運用成績が全てとは考えていません。本来、投資とは単にお金を増やすためだけの手段ではなく、自分の意志をお金に託し、未来をつくるという行為なのです。また、そうすることによって、長い目で見れば運用成績も満足できる結果になると確信しています。

3.お客さまと投資先企業のつながり

私たちは、運用報告会や企業訪問ツアーを通じて、ファンド仲間と投資先企業がお互いを知る機会をつくることに力を入れています。当社が誕生した頃に比べると、長期投資という言葉もずいぶんメジャーになってきましたが、まだまだ「投資=お金儲け」という認識がほとんどです。私たちはこうした活動を通じて、投資によってより良い未来をつくることができるという考え方を、投資する側にもされる側にも広めていきたいと考えています。

商品は1つだけ

1999年の運用開始以来、たった1本のファンドを、どの金融機関グループにも属さず自分たちで運用し、自分たちで大切に販売しています。運用商品が1つしかないのは、企業としてリスクが高いと思われるかもしれません。しかし私たちは、これが本来のあり方だと思っています。一般の方が投資信託に求めるのは、安心してお金を預けられることと、そのお金をきちんと増やしてくれること。衣服や食料品のように、人によって好みが大きく違うということはないはずです。であれば、運用商品としては普遍的なニーズを満たすファンドが1つあればよく、運用会社はそのファンドに全力を注ぐのが本来のあり方ではないでしょうか。

当社には、次のような部署があります

【運用調査部】 企業分析や投資判断、トレーディングなど、さわかみファンドの運用を担う部署。また「金曜勉強会」と呼ばれる公開勉強会を毎週開催しています(決算発表のシーズンなど、時期によっては開催できないこともあります)。
金曜勉強会に参加してみたい方はこちら
【直販部】 運用調査部との両輪として、長期投資を広めるための啓蒙活動(セミナー等)、お客さまからの質問・相談をお受けする「ご縁の窓口」、およびお客さま情報の管理などを担う部署です。
セミナーに参加してみたい方はこちら
【確定拠出年金部】 老後の資金づくりに最適な「確定拠出年金」という制度を用いた資産形成の提案、および制度の運営を担う部署。個人向け(iDeCo)と法人向けがあり、この制度を利用してさわかみファンドを購入することもできます。
確定拠出年金サイトはこちら
【情報システム部】 ファンドの販売・運用にかかわるシステムの開発やメンテナンスを担う部署です。
【その他/管理部門】 ファンドの基準価額算出やディスクローズ、会社経理や労務・総務、およびコンプライアンスなどを担う部署です。

入社後の配属先

最初の配属先は研修期間(2-3ヵ月)終了後に決まります。基本的には、まず初めに当社の根幹であるファンド仲間とのつながりを実感していただきたいため、最初は直販部へ配属されることが多いです。その後は様々な仕事に携わるチャンスがあり、運用部門など他部署へ異動することもありますし、部署異動の希望を出すこともできます。

経営陣との距離が近くフランクな社風

約60名の社員がワンフロアで働いています。経営陣との距離も近く、一緒に議論したり飲みに行ったりすることもよくあります。月に一度、全社員の参加する会議があり、そこでは誰でも自由に提案することができます。金融機関や大企業の出身者からは驚かれますね(笑)

挑戦を歓迎するカルチャー

社歴や年齢に関係なく、努力する人や挑戦する人には大きなチャンスが与えられます。最近では新卒2年目の社員が3000名規模のイベント(運用報告会)の総責任者に指名されましたし、最高投資責任者の草刈は、業界未経験でしたが入社2年でファンドマネージャーに抜擢されました。また、自分の責任を果たした上であれば部署に関係なく様々なことに挑戦できます。例えば、管理部門の社員がセミナーでプレゼンターになったり、直販部の社員がファンドに組み入れたい企業を提案したり。一方、努力しない人や自ら動かない人にチャンスが降ってくることはありません。そういう意味では、厳しい会社です。

志をもった仲間がいます

応募される方には「挑戦する思い」という作文を提出していただいており、その内容が会社の方向性にあった方のみを採用しています。そのため、社員は全員、さわかみ投信で成し遂げたいことがあって働いています。たとえば、長期投資を通じて大好きな音楽に邁進できる社会を作りたい元シンガーソングライター、海外赴任中にヨーロッパの豊かな社会にあこがれて日本を心豊かな国にしたいと願う製造業出身者、お金のことで自殺する人をなくしたいと励む元システムエンジニアなど、様々な志をもった仲間がいます。

一.ギブ、ギブ、ギブ、ギブ、ギブ、とことんギブ。そしていつかは、ギブン

    これは成熟経済における顧客ビジネスの本質であり、当社ではギブ・アンド・テイクの考え方やテイク・アンド・テイクの利益追求至上主義とは一線を画す。

一.顧客第一主義、されどプライドは高く

    お客さまに、それも既存のお客さま優先で、「どれだけ信頼してもらえるか」を、社員一同、とことん追求する。
    だからといって、「お客ぶられる」気はない。
    ご縁が口コミで広がっていくぐらいで丁度いい。

一.「時の審判」に耐えられる仕事

    時間が経てばたつほど、実績と信頼が高まる仕事をやり続けることに、自己充実感を覚える。
    その人の理念や生き様は、時間の経過が、すべて白日の下にさらけ出してくれる。

一.結果がすべて、それも自分の意思と意欲と誠実さを出し尽くした結果が

    運用ビジネスは結果の世界。
    どんな状況の変化も個人的な事情も、結果を出した者の前では通用しない。
    ラッキーな結果は所詮ラッキーでしかない。再現性ある結果を求めるなら、結果に至る過程を磨き込むべし。

一.頭や心にぜい肉をつけない

    いつも「おかげ様で」「ありがたいことだ」を、心に念じつつ、仕事や人生に真剣勝負を挑み続ける。
    質実剛健かつゆったりと生き、余裕を社会にお返しさせてもらう。
質問はお気軽に!
採用についての問い合わせ先
営業時間:平日8:45~17:30
定休日 :土・日・祝日