よくあるご質問登録情報の変更 MENU
  1. HOME
  2. セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』
  3. 投資をする上で知っておいたほうがいいことは何ですか?
SEMINER

セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』

投資をする上で知っておいたほうがいいことは何ですか?

回答者による回答

なぜ投資をし、ゴールをどこに設定しているのかが最も大切なことです。将来不安の解消というのがゴールであれば、解消されたらどうしたいかも合わせてお考えください。その上であえて申し上げれば、投資とは未来の可能性を応援することですので、投資先企業がどこに向かっているのかは勉強して欲しいと思います。ファンドでいえば、どのような哲学を持っているかです。方向性や哲学を信頼できるかが長期投資の肝ですから。

もっと読む

世の中のことですね。戦後、できれば江戸時代頃から世の中がどう変化し、今後どんな課題を抱えていくかを知ることが一番大切だと私は考えます。投資とは、自分の大切なお金を必要な所に投じる行為です。今後の社会課題に対して必要な商品サービスは何かを考え、それらを提供する企業や提供に向けて取り組んでいる企業を調べていけば、おのずと投資対象は見つかりますよ。

もっと読む

投資に対するスタンスを持つことだと思います。私の場合ですと、「売り手よし」、「買い手よし」、「世間よし」の三方よしの会社が今後日本の社会、経済を良くすると考えております。そのため投資先は必ず三方よしの投資信託もしくは企業を選定します。続いて、短期的な取引は欲におぼれて目的を見失うため、時間軸は長期で考えます。三方よしの企業、投資信託は短期的な利益の追求をしているわけではないため、価額には着目をせず、定期定額購入でコツコツ継続して投資をすること。参考になるかわかりませんが、私はこのスタンスを継続して心に余裕を持ちながら投資を続けています。

もっと読む

ご質問に回答した回答者一覧

回答者一覧を見る