よくあるご質問登録情報の変更 MENU
  1. HOME
  2. セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』
  3. NISAをやっているのですが、ロールオーバーすべきでしょうか?
SEMINER

セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』

NISAをやっているのですが、ロールオーバーすべきでしょうか?

回答者による回答

不完全な状態のNISA制度は、今後、必ず見直されます。方向性は一本化・恒久化です。したがって現時点での正しい判断はなかなか難しいのが正直なところです。早く変わって欲しいですね…私たちもそう働きかけします。NISAについて、下記に当社のプレゼンターたちの全回答を記載します。事前打ち合わせのない個の意見ですので、様々な意味で参考になるかと思います。

もっと読む

5年というNISAの期限に合わせて収益が出ていれば非課税のメリットに浴せますが、そんなに都合良くいかないのが世の常です。正直、私はロールオーバーをお勧めしません。収益に課税されても絶対収益が大きくなった方が良いとは思いませんか。NISAの期限に合わせて売却を考えることは長期投資に対するノイズとすら感じるのです。

もっと読む

大事なことはお金に長期で働いてもらうことです。ロールオーバーをされても特定口座に払い出しても長期投資を続ける限りは大差はないです。最もよくないのは税金がかからないとの理由で利益確定をして貯金に寝かせておくことです。

もっと読む

現在のNISAは、さわかみ投信が考える長期投資の期間と比較すると短いです。皆さんも時間を味方にした投資をされていると思いますが、NISAは期限があることからタイミングをみながらの投資になる制度であると認識することが必要です。投資は税制ではなく、将来価値が積みあがっていく対象に対して行うことが一番大切なことで、税制等を考慮した買い方は3番目、4番目に考えることだと思います。

もっと読む

どうすれば損か得かの議論となってしまい、結局お客さまの状況次第による相対的な結論しか出せません。NISAは貯蓄から投資へと個人の資産形成手段を変えてゆくための政策手段です。その点で現在NISAを利用されているお客さまは、投資手段を学び、活用されていらっしゃる一歩進んだ生活者であるといえます。ですから、ぜひこれまでの投資体験を仲間に伝えていただきたいと思います。そしてその過程で、今回ロールオーバーすべきかどうかの結論も見えてくるのではないでしょうか。

もっと読む

お客さまが長期という期限のない運用で財産形成を目指されているのであれば、5年という期限の定められたNISAでの運用は相性があまり良くないと考えています。NISAはあくまで手段となります。長期で財産形成を目指されているのでしたらロールオーバーするよりも課税口座一本で運用されるほうが、制度を気にして不要な事を考えずに済みますし、結果としてその方がお客さまの財産形成に繋がると考えます。非課税という言葉はとても魅力的に聞こえますが、手段に振り回されずにどっしりと長期で運用をしていただき、その先の目的、目標を着実に実現して頂きたいと思います。

もっと読む

非課税のために資産運用の目的が揺らぐのであれば、ロールオーバーせずに課税口座に移管したほうがよいと思います。この質問は目の前の2015年分のロールオーバーをどうにかすることに対してですが、来年は2016年分、それが毎年続き、5年後は今回ロールオーバーした分をどうするかという質問が生まれます。長期的に資産運用をするという目的から、毎年基準価額を基にロールオーバーの判断をすることは長期投資にとってのリスクとなります。

もっと読む

非課税期間終了の度に選択肢を迫られるのがNISA口座の煩わしさですね。あの時こうしててよかった、ああすればよかったというのは結果論にすぎず、手段に左右されるとせっかくの投資のリズムが崩れてしまいます。出口があることに違和感があるにも関わらず弊社がNISAを導入した理由は、制度の恒久化を金融庁に主張していくためにまずは自分たちが受け入れてこそと思ったからです。事あるごとに要望し、現在はつみたてNISA制度が出来ましたが、結局20年後は今のNISAと同じで毎年どうするか考えなければなりません。ゆったり持つことに水を差す制度に変わりないため、弊社では導入を見送りました。ちなみに私はNISA口座をさわかみでつくりましたが、考えるのが面倒なのでロールオーバーすることにしています。

もっと読む

悩んでしまうようであればロールオーバーしないということもひとつの選択肢だと思います。相場動向やNISAの特徴というより、せっかくさわかみファンドを持ってくださっているファンド仲間にとってNISAが、長期投資を純粋に楽しんだり、安心していただく邪魔になることが非常にもったいないからです。結果的にちゃんと財産づくりができたな!と思っていただけるように私たちは運用していくつもりです。

もっと読む

実はこのように皆さまを悩ますのがNISAの最大のデメリットだと思っています。5年という期間は、皆さまが考えている投資のリズムでしょうか?資産を増やすためには、じっくり構えていただき、ゆったりした自分のリズムで投資していただきたいと考えていますが、5年という期間制約があることにより制度に振り回されているように見えます。私には非課税というメリットがご自身の投資のリズムをくずすほどの意味があるとは思えません。

もっと読む

しばらく使う予定がなければ、ロールオーバーでよいと思います。ただしロールオーバーをするとその分来年度の非課税枠を使ってしまうので、それだけご留意ください。

もっと読む

NISAは利益が出ている時点で売却しなければ意味がありません。そのためロールオーバーの有無ではなく、いつの時点で一番利益が出ているかが大切です。昨今NISAの非課税メリットが多く取り上げられ、期間終了時に売却する方もいらっしゃると思います。ただ、果たしてその時資産が大きくなっているかは考えるべきポイントだと思います。資産運用において重要なポイントは、非課税メリットではなく資産を最大化させることだからです。長期投資の観点では、期間に縛られず投資をしていただきたいと思います。

もっと読む

投資を始めた目的は何でしょうか。将来への資産形成であれば、5年という制約の中で実践するのは無理があり、長い時間の中で資産を大きくしていくのが理想です。NISAという5年の制約に振り回されることなく、自分は本業に集中して働いてお金を稼ぎ、お金はお金で勝手に働いてもらう。それを10年20年と続けられたら、20%の税金が引かれても大丈夫なぐらいの資産がつくれると思います。ただ今後NISAの恒久化となったら、非課税口座で思う存分投資をして頂きたいです。

もっと読む

NISAを利用されているのであればロールオーバーをしてもいいと思います。理由はNISA制度が恒久化する可能性があるからです。しかしさわかみファンドを保有する上で大切な事は長く持ち続ける事ですので、NISAなどの非課税制度に振り回される事なく長期投資を実践していただければと思います。

もっと読む

実際、私自身はさわかみファンドを定期購入していますが、NISAを使ったことは一度もありません。理由は長期投資の醍醐味のひとつとして、お金に振り回されず自分の人生に使える時間を生める点であり、ロールオーバー等を考える時間がもったいないからです。

もっと読む

ご質問に回答した回答者一覧

回答者一覧を見る