よくあるご質問 登録情報の変更 MENU
  1. HOME
  2. セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』
  3. いい(信頼できる)ファンドの見分け方は?
SEMINER

セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』

いい(信頼できる)ファンドの見分け方は?

回答者による回答

受益者にとっていいファンドとは、成績を出し続けるところですよね。私にとっては、哲学を真摯に実行しているところです。哲学に共感し、それが社会を巻き込みながら大きく成長していくようなイメージを持ち続けられるファンド…成績もきっとついてくるはずです。なお、一つわかりやすい指標を挙げるなら、純資産額がゆっくり成長しているところがいいファンドです。営業でドサっとお金を集めたのではなく、投資哲学への共感が徐々に集まり、実力も伴って大きくなったと考えられるからです。それと10年以上の実績は見ておきたいです。ちょうど10年前がリーマンショックでしたが、そこから総崩れせずに耐えているファンドは、仮に次の暴落が来ても安心できます。受益者との関係が強固である、つまり哲学が共有・実行されている証です。

もっと読む

ご質問に回答した回答者一覧

回答者一覧を見る