よくあるご質問 登録情報の変更 MENU
  1. HOME
  2. セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』
  3. 長期積立をする上での心構えはなんですか? 株価に惑わせられないためには?今の株高が不安です。
SEMINER

セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』

長期積立をする上での心構えはなんですか? 株価に惑わせられないためには?今の株高が不安です。

回答者による回答

長期積立の先の目標は何ですか? 老後の不安解消? ご自身の夢のための資金づくり? 大切なのはその目標を見失わないことです。株価に合わせてご自身の目標を左右させる必要はありません。月々の収入の一部を未来のご自身のために“分別”しておくと考えれば、負担も少ないですし、時間を味方にできます。確かに株価には割高、割安の時期・サイクルがあります。しかしそれは恐れることではなく、むしろリターンを最大化するために必要だと考えましょう。安く買えるからリターンも大きく積みあがるのです。その中でも、社会に必要とされる企業は株価を上下させつつもじっくりと成長していきます。そういった企業を選んでおけば、なにも怖いことはありません。そしていつか、目標となる未来に至る頃に引き出し方を考えましょう。夢のためならその分の金額を、生活を支える資金なら、積立と同じように毎月少しずつ取り崩していくことが理想です。長期投資に残した入用でない部分は、その後も企業成長に乗せられるのですから。

もっと読む

株価ではなく企業を見ましょう。さわかみファンドは、私たちが選りすぐった企業約110社に投資しています。毎月末にお届けしている月次レポートに一覧がありますので、その中から自分が好きな企業を探して、その企業が将来10年20年で社会にどのような価値をもたらすかをイメージしてみてください。そうすると、株高でも暴落でも、企業価値に変わりがないことを実感し、不安が払しょくできると思います。本当は皆さまと一緒に企業を訪問して、その現場を見ていただきたいのですが、今はコロナ禍で叶いません。私たちのHPで長期投資だよりのアーカイブがご覧いただけますので、過去の企業訪問ツアーの記事も是非ご照覧いただければと思います。

もっと読む

ひとことで言うと「株価を見ない」ことです。株価を毎日チェックしてそれに関するニュースを見ていると、ついつい売買したくなります。売却すると税金を支払わなくてはならないため、成績を残すことがかえって難しくなります。相場がデタラメと思いたくなるときもありますが、今の株価もプロが売買した結果です。毎日勉強し相場を眺めているプロよりも早く正確な情報を得ようとしても難しい話です。かくいう私も、さわかみ投信に入社する前はサラリーマン投資家として、帰宅後に株価をチェックしてニュースを見るという生活をしておりました。しかしこれを3カ月も続けると精神的にクタクタになります。また株価を頻度高くチェックすれば成績が出るというものでもありません。実際働いているのは投資先企業の社員であって、彼らはその人生をかけて働いているわけですから、その人たちを信じて託することが必要だと考えています。皆さまには引き続き応援に徹していただき、普段はお仕事・家族のこと・趣味等に貴重なお時間を使っていただければと思います。

もっと読む

ご質問に回答した回答者一覧

回答者一覧を見る