よくあるご質問 登録情報の変更 MENU
  1. HOME
  2. セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』
  3. 企業経営において、何が最も大切だとお考えですか?理念や社員満足度のような定性的なものでなく、具体的に見ている数字などがあれば教えてください。
SEMINER

セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』

企業経営において、何が最も大切だとお考えですか?理念や社員満足度のような定性的なものでなく、具体的に見ている数字などがあれば教えてください。

回答者による回答

私自身は売上を最重要視しています。なぜなら売上は顧客からいただくものであり、全ての経費やステークホルダーへの分配は売上から始まるからです。また売上は、顧客や株主を含むステークホルダー全員でつくる(伸ばす)こともできる、言わば全員の努力や想いの結晶です。しかし最近は“資金繰り”こそが経営者の腕の見せどころだと感じています。コロナ禍を生き残る術は資金繰りですし、逆に儲かっていても資金繰りにて倒産する企業もありますので。大手・中小・零細に関係なく、強い企業は概ね経営者が資金繰りをなんとかしてしまう力を持っています。なお、企業経営を見る上で重要な指標はたくさんあり、業界やステージなどでも違いがあります。そして多くのことは財務戦略で化粧(粉飾ではない)ができます。しかし売上と資金繰りは化粧ができないので、とてもわかりやすい指標と言えるでしょう。

もっと読む

利益を出すことだと思います。どんなに素晴らしい理念を掲げていても、その事業を継続させなければお客さまに責任を果たせません。事業を継続させるためには適切に利益を出して、社員には適切な給与を、取引先には適切な対価を、国には税金を払い、将来のために設備投資や研究開発を行う、これが大切だと思います。

もっと読む

企業の活力の源泉は世の中からの支持にあると考えます。転じていうと、その企業が世の中に提供するモノやサービスがお客さまから選ばれているかどうかということであり数字としては売上高が最も大切だと考えますが、ただ単に数字が大きければ良いというものでもありません。大切なのは将来にわたって世の中から支持され続けるか、お客さまから選ばれ続けるかどうかという点です。つまりは持続可能な商売でより多くの付加価値を生み出し続け、より良い世の中をつくっていくことが企業経営における要諦なのだと思います。数字は、その大小だけでなく、その数字が積み上げられる過程そして質も大切な要素だと考えております。

もっと読む

数字ではありませんが、世の中になくなっては困る企業になることだと思います。なぜなら、経営が持続可能になるのは、消費者が普段は数多の商品の中から選んで購入し、市場暴落時または業績悪化時には株式を購入してくれるからです。そのような企業が良い世の中をつくると考えます。消費者は企業の生殺与奪権を持っていると同時に、危機に応援することもできるので、消費者に選ばれる企業になることも大切だと思います。

もっと読む

ご質問に回答した回答者一覧

回答者一覧を見る