よくあるご質問 登録情報の変更 MENU
  1. HOME
  2. セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』
  3. 日経平均と比べてパフォーマンスがよくないので、最近はやりの5G銘柄等を入れた方がいいのではないでしょうか?
SEMINER

セミナーQA集『自立して堂々と生きていこう』

日経平均と比べてパフォーマンスがよくないので、最近はやりの5G銘柄等を入れた方がいいのではないでしょうか?

回答者による回答

今、5G関連企業に投資して本当に運用成績が良くなるとお考えでしょうか? 答えはNOに近いと思います。投資企業の選別は個社毎の成長性、そして投資タイミングは株価が将来に対し割安かどうかに尽きます。よって5G企業の中で可能性があると判断できたとしても、無理に流行の中で買う必要はありません。真に強い企業であれば、株価が下がるタイミングまで待っても良いはずです。“はやり”と聞くと20年前のITバブルを思い出します。あの時、実体を見ず流行だけで株価が高騰し、崩壊しました。その後本当に力のあるIT企業は価値を十倍、百倍としましたが、他方で詐欺まがいのところも…。そのような中、さわかみファンドは流行に目を向けずITバブルを乗り切って好成績を収めました。決して新しいテクノロジーが嫌いなわけではなく(オールドエコノミーが好きなわけでもない)、相場に過剰に付き合うことから距離を置いただけです。今後も同じになる結果かどうかは別として、さわかみファンドは社会に必要な企業の成長可能性を応援する姿勢を貫きますし、それが再現性ある成績に繋がるものと確信しています。日経平均と差が開くのは、相場の転換を越えたところです。5G関連と括られる企業の一部が“さわかみポートフォリオ”で輝いているのはその時かもしれません。

もっと読む

はやりの銘柄を追いかける運用は一見良さそうですが、皆さまの長期的な財産づくりには向いていないと考えます。日経平均が調子がいいのは日銀がTOPIXや日経平均に連動するETFを大量買いしていることが大きな要因ですので、今すべきことはいい会社も悪い会社も一緒くたに上がった状態につきあうことではなく、日銀が買い入れをやめた後に備えて、価値のある会社をきちんと選別して投資することだと考えます。なお、念のため補足しますと、当社は5Gといった最新技術を全く無視している訳ではありません。5Gの技術で実現できる世界は広がりますので、5Gによって起こりうる社会変化をはやる前から想定して企業調査をしています。

もっと読む

5G関連の企業が今後も価値を高めることができ、現在割安と判断するならば組み入れも十分にあり得ますが、世間的に流行となっている時点でその企業や業界の株価は割高になっている可能性があります。成績がよくないという点は反省すべきですが、現在のさわかみファンドのポートフォリオは決して完成形ではなく常に変化、進化しております。99年8月に基準価額10,000円からスタートしたさわかみファンドは現在、日経平均を追い越して28,000円を超えております。私たちはいつの時代にも再現性のある方法で運用を行っていくことに変わりはありません。

もっと読む

今後、これまで数十年なかった大変動が起こる可能性があります。金利の急上昇などが現実となった時、日経平均の採用企業の中には対応できない企業も存在すると考えます。世界中で余剰資金がマーケットに流れ込んでいる昨今、うわべの成績の良さに気を取られがちです。しかし10年20年先も社会にどんな大変動があろうとも、皆さまの資産を保全しつつ、世界中の人々の生活の向上を支える企業のみ選び投資するのがさわかみファンドです。どうぞ、将来の安心の方をお選びいただきたいと思います。今後、5Gがどういう風になっているか私は想像ができませんが、世界中の人々の生活は豊かさを求めて変わらず存在することは想像できます。

もっと読む

ご質問に回答した回答者一覧

回答者一覧を見る